おまぬけ活動日誌

最近のツッコまれどころ

この日誌から Google してもらう


2002年07月13日(Sat) 昨日は夏祭りで友だちと会って飲んできちゃったよ [同日]

おやじバグ連発な私へ

rubyスクリプトのシンタックスを確認するのは、ruby -c スクリプトでよろし。

おやじバグって、どなたの日記で見たんだっけ?

momongaのCDイメージ

mkisofsで作ってみたですよ。んで、CDに焼いてHEAD修行マシンを起動しても、起動してくれない。ハードディスクにあるWindows98が来てしまう。どうしてだろう?と思ったら、mkisofsで-bオプションを付けずにイメージを作ってました。ルートにcdboot.imgが見えるという。しくしく。

今度こそ…もしうまくいったらどこかでダウンロードできるようにします。

MHonArcの作るアーカイブのHTMLの番号が、メールのサブジェクトの番号と一つずれている

Nyan2さんツッコミありがとうございます。ちらりと見てみたのだけれど、簡単に直せるオプションはなさそうです。TODOファイルに書いてあるし…。

今後の課題ということで。

momongaあけっぴろげ計画 -トップページ進出編

Momonga Projectのwwwページの トップは、 例えば日本語だと、お知らせのxmlデータが入っているannouncement.jaを、 xsltのスタイルシートindex.xsl.jaによって整形して生成しています。 このトップページに、cvsレポジトリからcheckoutしてきた、 それぞれのRPMパケッケージのspecファイルの更新情報を加えます。

その時に問題になるのは、スタイルシートにxmlデータを適用するソフトウェア xsltprocが、xmlファイルを一つだけしか入力に取れないということです。 このため、xsltprocを通す前に、二つのxmlデータを一つのファイルに統合する必要がありました。

Nyan2さんに教えたいただいたxi:includeを使えばいいんだろうな、と想像はしたものの、 どうもうまくいかない…。

結局、原因は、xsltprocに--xincludeオプションを加える必要があった、 というオチでした。トホホ。

  • index.xml.ja
    <?xml version='1.0'?>
    <information xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude">
      <xi:include href="announcement.ja"/>
      <xi:include href="a/all.xml"/>
    </information>
    
  • announcement.ja : お知らせのファイル
  • a/all.xml : レポジトリから取り出したspecファイルの情報
  • index.xsl.ja : スタイルシート

を用意しておいて、

xsltproc --xinclude -o index.html.ja index.xsl.ja index.xml.ja
perl -p -i -e "s/%26amp;/&/g" index.html.ja

すると、見事にRPM更新情報の入ったトップページができました。 もう少し細かいところを修正したら公開できるのではないかと思います。 わくわく。

momongaのCDイメージ解決編

grubでしか起動しなくなったHEADマシンで以下の手順で作りました。

  1. まず必要なパッケージだけcheckout。 いままではコのレポジトリだったので。 cvsの-dオプションは適当に読みかえてくださいね。
    cd ~
    mkdir Momonga
    cd Momonga
    export CVS_RSH=ssh
    cvs -d :ext:hoge@cvs.momonga-linux.org:/home/cvs checkout tools
    cvs -d :ext:hoge@cvs.momonga-linux.org:/home/cvs checkout pkgs/rpmrc
    for pkg in momonga `cat /usr/share/doc/momonga-0.5.8/packages* | sort -u`; do
      dir=`LANG=C rpm -qi $pkg | ruby -n -e     'puts $1 if $_ =~ /.*Source RPM: *(.*?)-d[^-]*-d[^-]*/'`
      if [ -d pkgs/$dir/CVS ]; then
        cvs -d :ext:zunda@cvs.momonga-linux.org:/home/cvs update pkgs/$dir
      else
        cvs -d :ext:zunda@cvs.momonga-linux.org:/home/cvs checkout pkgs/$dir
      fi
    done
    
  2. rpmvercmpのビルド
    cd ~/Momonga/tools
    make
    
  3. 設定ファイルのコピー。eucじゃないと嫌だという勝手なやつ。
    cd ~/Momonga/pkgs
    nkf -e ../tools/example.OmoiKondara >| .OmoiKondara
    
  4. オモコン
    ../tools/OmoiKondara
    
  5. できなかったパッケージの修正とかソース取とかをして、 オモコンをくりかえす。
  6. できあがったパッケージのインストール
  7. momongaの飼育。とりあえずはtさんが揃えてくださったパッケージのリストで。
    mkdir ~/momonga-install
    sudo /usr/lib/momonga/buildtree ~zunda/momonga-install ~zunda/PKGS
    sudo /usr/lib/momonga/buildinstall ~zunda/momonga-install
    TZ=UTC sudo mkhybrid -r -J -V "momonga_020713" -b images/boot.img   -c images/boot.cat -o ~zunda/momonga_020713.iso ~zunda/momonga-install
    

このISOイメージをCD-Rに焼いて、起動すると、 言語の選択、キーボードの選択をして、bashが起動します。 ここから手でインストール作業をすすめていけるハズですが、今日はここまで。

このISOイメージを公開しようかと思ったのですが、162MBもあるので、 このホストには置かせてもらえず、 www.momonga-linux.orgでもちょっと控えた方がいいかな?という気も。 どうしようかな?

ジャッキー・チェンの映画

ここ何か月か、夜遅くにジャッキー・チェンの古い映画をやってる。ドイツ語に吹替えられてて何を言ってるのかわからないんだけど、けっこうドタバタしてておもしろいんだな。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
> nga (2002年07月14日(Sun) 02:38)

うちで預かりましょうか?Bフレッツだし<br>もし帯域がすげ〜ことになったら消してしまえばいいだけ出すから(笑)

> Nyan2 (2002年07月14日(Sun) 05:01)

--xinclude ですが、その情報に近づいていた可能性があります。<br>手元のドキュメントをxincludeつかって処理しようとしていたのですが、サンプルなどが全く見つからず、例のURLのソースをみても全くわからず……。結果として放置プレイになってしまいました。<br>細かいことをいうと、xsltproc が --with-xinclude 付きでコンパイルされていないと、さらに駄目な模様です。<br>うまく情報を共有できず、すいませんでした……。

> ずんだあん (2002年07月14日(Sun) 05:09)

お願いしようかな〜。どうやってデータをお渡しするのがいいのかな? > ngaさん<br>それともwww.momonga-linux.orgでもいいのかも。(優柔不断…<br>手元のxsltprocでは大丈夫みたいですね〜。どうもありがとうございました > Nyan2さん

> ずんだあん (2002年07月14日(Sun) 05:37)

と思ってたらmomonga-linux.orgで良さそうだということになりました。またの機会によろしくお願いします。ありがとうございました。> ngaさん

> nga (2002年07月14日(Sun) 12:23)

は〜い


作り手とその取り巻きだけが楽しんでる間は本物じゃない。その中身が理解できない人々の生活を変えてこそ本物だ


zunda <zunda at freeshell.org>