おまぬけ活動日誌

最近のツッコまれどころ

この日誌から Google してもらう


2018年06月24日(Sun) 火山ガスもくもく [同日]

[netbsd] NetBSD 8.0を2番目のハードディスクにインストールする

このホストでtDiaryの最新版を動かせるようにしたいのだけれど、bundle installでpthread関連のCプログラムがコンパイルできないので、手元でFreeshellと同じNetBSD 8.0 RC1を用意していろいろ試してみることにしました。結局問題は解決できなかったのだけど。

インストール先はDellの古いデスクトップです。BIOSのcopyrightは2010年から、ハードディスクはSATA接続で1本目にはUbuntu入っていてBIOSからgrub2が起動します。ここでは2本目のハードディスクにNetBSDをインストールします。USBメモリはブート時にはSCSIディスクとしてエミュレートされるみたい。グラフィックカードはNvidiaのものです。

インストール

$ sudo dd if=NetBSD-8.0_RC1-amd64-install.img of=/dev/sdb bs=2M

したUSBメモリを接続して、BIOSから選択して起動する。

インストーライメージのブートメニューが表示されたら

4. Drop to boot prompt
から
> userconf disable nouveau
> boot

する。(nouveauをdisableしないとドライバが初期化できない旨表示してOSが停止します。)これで、

NetBSD/amd64 (Amnesiac) (console)
login:

まで進むのでパスワードなしでrootでログインして、

$ /install.sh

を起動。ざくざく進めてくと

Status: Command failed
Command: /usr/sbin/installboot -o console=pc,speed=9600 /dev/rsd1a /isr/mdec/bootxx_ffsv2

installboot: Old BPB too big, use -f (may invalidate filesystem)
installboot: Set bootstrap operation failed

と表示されるので、再起動して4. Drop to boot promptから、-fオプションを追加して表示されたコマンド実行してから、インストーラを実行すると、インストールが進む。

設定

grub

Ubuntu側でgrubのメニューの設定をした

/etc/grub.d/40_customに下記を追加して、sudo update-grub2した。

Status: Command failed
menuentry "NetBSD" {
	insmod chain
	set root=(hd1,msdos1)
	drivemap -s hd0, hd1
	chainloader +1
}

named

ネームサーバを指定しないでホスト名がひけないのはnamedが動いてないからだった。そんなの居るのか!

/etc/rc.confに下記の行を追加した

named=YES

管理用ユーザー

# useradd -m -G wheel system
# passwd system

bash

~system/.shshに下記を追加

PKG_PATH="http://ftp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/packages/NetBSD/amd64/8.0/All"
export PKG_PATH

パッケージをインストール

$ su
# pkg_add -v bash

常用ユーザー

# useradd -m -s /usr/pkg/bin/bash zunda
# passwd system

Ruby

http://ftp.netbsd.org/pub/pkgsrc/current/pkgsrc/README-all.htmlにパッケージのリストがある。このホストと同じバージョンを入れるべきか。

faeroes:~> ruby23 --version
ruby 2.3.6p384 (2017-12-14 revision 61254) [x86_64-netbsd]
# pkg_add -v ruby23-2.3.6
pkg_add: no pkg found for 'ruby23-2.3.6', sorry.
pkg_add: 1 package addition failed

むーん。なかった。

# pkg_add -v ruby23-2.3.7
$ ruby23 --version
ruby 2.3.7p456 (2018-03-28 revision 63024) [x86_64-netbsd]

Git

# pkg_add -v git

tDiaryのための環境

bundler

$ gem23 install --user-install bundler

tDiary

$ ssh-keygen

して公開鍵をGitHubに追加した。

$ mkdir -p ~/src/github.com/zunda
$ cd ~/src/github.com/zunda
$ git clone git@github.com:zunda/tdiary-core.git
$ cd tdiary-core/
$ bundle install --path=vendor/bundle

これですんなりbundle installできるのでした。


作り手とその取り巻きだけが楽しんでる間は本物じゃない。その中身が理解できない人々の生活を変えてこそ本物だ


zunda <zunda at freeshell.org>