おまぬけ活動日誌

最近のツッコまれどころ

この日誌から Google してもらう


2007年01月18日(Thu) いい天気になってきたかいな [同日]

オモコンマシンのフリーズ

今回はvnc…じゃなかったImageMagickのあたりをビルド中に。スタックトレースは、スタックトレースを表示しようとしている最中のものしか見られなかった。

うーむ…

ログに残っている最後のエントリーは、sudoのもので、rpm -e --nodeps ImageMagick-perl を実行したとある。やっぱりハードディスクへの負荷がかかってる時かな。一度結線を見なおすか。

イギリス人デザイナーによるスタイリッシュなトースター

IRCで教えてもらったTechnobahnの記事。イギリス人ってトーストにこだわりがあるのかなあ。「Hitchhiker's Guide to the Galaxy」の映画には切りながらトーストできるライトセイバー風ナイフが出てくるよね。

[Ruby] Rails 1.2リリース

ruby-talkより。オモコンマシンが直ったらMomongaのパッケージを更新したいところだけど、その前にやっておいてくださりそうな方が :)

[run] 最短コース 3.14マイル 26分35秒 8.5分/マイル

消化器系がいまいちだったけれど、汗をかけたらそれでよし、と。

[DocoMomo] docomomo-0.3.1 ちょっとだけダイエット版リリース

DocoMomoは、大きめのメモリ(512MB程度以上)のあるix86マシンで大きめ(512MB程度以上)の USBメモリからLinuxを起動できるようにするツールです。DocoMomoの作成環境から引き継いだLinuxディストリビューションと設定で、使い慣れた環境をUSBメモリ上に構築できます。

先日、DocoMomoへのインストールの際にどらさんに倣って--excludedocsを付けようと思ったのですが、これはrpmのオプションだったということがわかりました。でもやっぱりDocoMomoにはRPMパッケージのドキュメント無い方がいいよなあ、と思っていたら、yum.confのmanページより、yumでも設定できることがわかりました。yum.confの[main]の項にtsflags=nodocsという記述を追加すればよいようです。ドキュメントを入れないことで、/usrの大きさは796MBほどから736MBほどになり、/usrのSquashFSのイメージは、332MBから310MBほどになりました。

ついでに、たぶん親システムがMomongaじゃなくてもyumさえ動けばDocoMomoにはMomongaが入るようにして、DocoMomoの0.3.1をリリースしました。ご利用ください。

(追記) Momonga 2のyumではMomonga 3のyumのレポジトリは読めませんでした。yumのバージョンが近ければこれは問題にはならないんだろうけど。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
> こ〜りん (2007年01月19日(Fri) 07:11)

一応、食パンはイギリス発祥ですからね。大型スーパーに行くと、20種類以上の食パンが並んでますす。<br>でも、親しまれていて、より主食に近い食べ物は、チップスだと思いますが。<br>朝食も、シリアル主体のコンチネンタルブレックファストが多いらしいですし。

> zunda (2007年01月19日(Fri) 08:22)

いやいや、何年か前にダーラムのB&Bで食べたトーストはおいしかったですよー。当然 Vegemite が乗ってるわけですが。


作り手とその取り巻きだけが楽しんでる間は本物じゃない。その中身が理解できない人々の生活を変えてこそ本物だ


zunda <zunda at freeshell.org>