おまぬけ活動日誌

最近のツッコまれどころ

この日誌から Google してもらう


2004年04月30日(Fri) 締め切り目前なのですが [同日]

「理科系の英語」志村史夫著(丸善ライブラリー)

表紙より、

自然法則、科学や技術、あるいは装置の取扱い法などを述べることを使命とする“理科系の文章”は、心理的要素に依存せず、曖昧さを排し、一義的に理解できるものでなければいけない。

というわけで、なかなかためになりそうな本です。こちらは2時間で読破というわけにはいかない。じっくり読もう。(っていうか締め切りは?)


作り手とその取り巻きだけが楽しんでる間は本物じゃない。その中身が理解できない人々の生活を変えてこそ本物だ


zunda <zunda at freeshell.org>