ごまあん日誌

Goma-an diary

2000.3.16-19.
Sorry, no english translation.

Windows98のインストール。思った以上に苦労しとります。 長かった。一応OS自身は動くようになりました。 教訓:インストール中はハードウェアの構成を変えない。

CD-ROMが見える起動フロッピーを作る

昨日考えたパーティションのうち、 Windowsからつくるものを作りながら、OSをインストールする。 英語版WindowsからCDのSetupを起動すればインストールが始まるのだろうけど、 途中でこけたらこわいので自分で起動できるようになっておく。

…などと考えながらインストール開始。 失敗版は灰色で書いてあります。

  1. SCSI+CD-Rをつないどいて、フロッピーからWindows98起動用ディスクで起動。
    1. Start Windows 98 Setup from CD-ROMを選択
    2. PCI busをスキャンし、ATAPI CD-ROMを探して、
    3. キーボード(101)を選択
    4. 「デバイスドライバが見つかりません。」がーん。
    →失敗。
  2. SCSI+CD-Rをつないどいて、フロッピーからWindows98起動用ディスクで起動。
    1. Start computer with CD-ROM supportを選択
    2. PCI busをスキャンし、ATAPI CD-ROMを探して、
    3. キーボード(101)を選択
    4. 「デバイスドライバが見つかりません。」やっぱり。
    →失敗。 PCMCIAのSCSIのサポートをして、DOSを立ち上げなくちゃ行けないんだね。 SCSIは遠いなぁ。
  3. ものぐさなのでMS-DOSのフロッピーを作る前にもう一度だけトライ。 本体についてきた、Recovery CD-ROM Boot Disketteで起動。CD-Rドライブには、 日本語版Windows98が入れてある。
    1. Windows 95が起動!各国語でPlease Wait...と出てる。 でも、英語版にはやっぱり日本語はない。
    2. 言語選択、英語。
    3. Load CD-ROM drivers. Exit to DOS.を選択。選択肢は、
      • IBM Portable CD-ROM Drive CD-20X
      • CNF Portable CD-ROM XA Drive 2X
      • Panasonic PCMCIA CD-ROM 783
      どれも違う気がするが、とりあえずPanasonicを選んでみるか。
    4. ハングアップした模様。
  4. もう一つトライ。APA-1480セットアップディスクで起動できるかな? だめです。

フロッピーに入る、DOSのPCMCIAドライバとSCSIドライバが必要なのだ。 1480はDOSには対応していません。 (アダプテック、FAQより) ああそうですか。どうしよう…。

友人のSCSIカードを借りる。 I-O Data PCSC-Vにはマニュアルに起動フロッピーの作り方が書いてある。 Adaptecのカードには、 フロッピーからDOSプロンプトで使えそうなドライバは見当たりませんでした。

パーティションを切る

この前考えたパーティションの切り方を見て、 MS配下のパーティションを切る。ついに英語版Windows版とお別れ。どきどき。

  1. さっき作った起動フロッピーで立上げ。 電源つなぎ忘れて電池がきれてびっくり。
  2. CD-Rが見えてるのを確認。
  3. fdisk
    1. Do you wish to enable large disk support? [N] たぶんFAT32のことだろう。まずはFAT16でやってみよう。
    2. まず4: Display information:右の方はEXT Dosの情報。
      Partition Status Type    Volume label Mbytes System Usage  Drv System Usage
       C:1       A     PRI DOS              2047   FAT16   33%
         2             EXT DOS              4134           67% → D: FAT 32 100%
      
    3. 3: Delete patition
      1. 3 Delete Logical DOS Drive in Extended dos
      2. 次は、2 Delete Extended DOS partition
      3. 最後に、1 Delete Primary DOS partition
    4. 1: Create DOS partition or Logical DOS Drive
      1. 1 Create Primary DOS partition, Max/N, げ。サイズはMByteで聞かれる。 が、最大 2047だと。あり。FAT16の限界かな?
      まずFAT32を試すべきか。ん、でも、FAT16は後ろの方には作れないかもね。
  4. fdiskやり直し
    1. Do you wish to enable large disk support? [Y]
    2. 1: Create DOS partition or Logical DOS Drive
      1. 1 Create Primary DOS partition, Max/N, 2557MB
        Partition Status Type    Volume label Mbytes System Usage
         C:1             PRI DOS              2557   UNKNOWN 41%
        
    3. 2: Set active partition
      1. Number of partition : 1 → STATUSがAに。
    4. フォーマット?ファイルシステム作り?はインストール時になるのかな? とりあえずfdiskを抜けて、FAT16が作れるか試す。
  5. またfdisk
    1. Do you wish to enable large disk support? [N] 今度はFAT16用。
    2. まず4: Display information
      Partition Status Type    Volume label Mbytes System Usage
       C:1       A     PRI DOS              2557   FAT32   41%
      
    3. 1: Create DOS partition
      1. 2. Create extended DOS partition …FAT32っぽい感じ。Max 3632だと。→400MB
      2. logical drive:400MB
    4. またまた4: Display information
      Partition Status Type    Volume label Mbytes System Usage
       C:1       A     PRI DOS              2557   FAT32   41%
         2             EXT DOS               400   UNKNOWN  6%
      
    5. 1: Create DOS partition
  6. またfdisk、これで確認して済むといいなあ。
    1. Do you wish to enable large disk support? [Y]
    2. 4: Display information
      Partition Status Type    Volume label Mbytes System Usage
       C:1       A     PRI DOS              2557   FAT32   41%
         2             EXT DOS               400            6%
      
      Systemは空欄。どういうこっちゃ?
  7. 追加。CD-ROMの\win98より、
    1. format c: → 2,676,158,464バイト
    2. format d: → 419,233,792バイト
  • fdiskで確認
    Partition Status Type    Volume label Mbytes System Usage
     C:1       A     PRI DOS              2557   FAT32   41%
       2             EXT DOS               400            6% → D: 400 FAT16 100%
    
    できたできた。FAT32+FAT16

    Windows98日本語版のインストール

    上でfdiskまでやった状態。 FAT32+FAT16(?)のパーティションテーブルができた、のかなあ? インストールしてみよう。

    1. WindowsのCD-ROMを入れといて、f:\setup
    2. Scandiskをやっているが日本語が入ってないので画面が読めない。
    3. ごちゃごちゃやってるうちに、終わってしまったぁ!

    あ、一度電源を切らないとパーティションテーブルが反映されないんだね。 dir c:で昔の中身が見えちゃった。 Ctrl+Alt+Delでリセット。今度は dir c: ができなくなりました。

    1. f:\setup
    2. メッセージがわからないうちに終わる。

    うーむ。日本語が要る?上記で追加してもう一度。

    1. f:\setup
    2. 「システムのチェックを行ないます。」
    3. 「Windowsセットアップには : ドライブに 4391024 バイト必要です。」
    4. で終わる。
    5. 電源を切らずにもう一度やるとハングアップする。さすがMS。

    やっぱりformatが必要なのだろうね。WindowsのCD-ROMにありました。 \win98\format.com上に戻り、ハードディスクの世話の続きをしよう。

    formatを済ませて再開。

    1. f:\setup
    2. c:とd:のスキャンディスクしてる→終了
    3. …Windowsセットアップに必要なファイルをコピーしています
    4. キーボードの判定 101
    5. セットアップへようこそ。ちゃんとマウスが動く→続行。
    6. Windowsをインストールするディレクトリを選んでください。 今はC:\windowsでいいね。
    7. セットアップ方法。標準/ポータブル/コンパクト/カスタム →カスタムにしてみよう。
    8. デフォルトからはずしたものに□、加えたものに■、 変更しなかったものは書きません。
      • □Outlook express、
      • アクセサリ
        • □スクリプティングホスト
        • スクリーンセーバー
          • □OpenGL、フライングWindows
          • ■スクリーンセーバー(追加)
        • ■ブリーフケース
        • □外字エディタ
        • □文書テンプレート
      • □インターネットツール
      • □オンラインサービス
      • システムツール
        • ■システムモニタ
        • □ドライブコンバータ、ドライブスペース
        • ■リソースメータ
        • ■文字コード表
      • デスクトップテーマ
        • ■デスクトップテーマのサポート
      • マルチメディア
        • ■サウンド設定
        • ■サンプルサウンド
      • □ユーザー補助
      • ■多国語サポート
      • 通信
        • □Netmeeting
        • ■ケーブル接続
    9. 識別情報。適当にね。
    10. コンピュータの設定
      • キーボードレイアウト→米語101
      • 地域→日本語しかない
    11. 地域の設定、あれ、上のはなんだ? これもなんだ? 「地域のニュースや情報を、Webサイトのチャンネルなどを通して…。」 →なし
    12. 起動ディスクの作成。いや、作っても使えないと思うんでしけど。
    13. …しばらくコピーするのを待って、待って。
    14. 再起動をするというので、Windows98で使う予定のない、 借り物SCSIカードを外しておく。再起動。
    15. ユーザー情報
    16. 使用許諾
    17. プロダクトキー
    18. ドライバデータベースを初期化…。
    19. PCカードウィザード、PCカードをインストールに使ってますか? Y …一時的に使えなくなるそうな。もう抜いてあるけど。
    20. リアルモードドライバを検出できませんでした。 システムファイルを確認して、使用不可にするドライバを選びますか? …見てみたいので Y
    21. Windowsが作ったやつになってるんだね。何もしないで次へ。
    22. いろいろ見せてくれたが面白くなかった。そのまま、ウィザード終了。
    23. 再起動。
    24. タイムゾーンの設定
    25. コントロールパネル、スタートメニュー、…
    26. Windows 98 CD-ROMラベルのついたディスクを挿入して …カードないやん。キャンセル。 …いろんなハードの設定をしてるんだ。とにかうキャンセル。
    27. なんだかだで立ちあがった。色数は少ないが。
    28. 電源切って、アダプテックのカードを挿して起動。
    29. 化けて読めないメッセージが出たので、Enter
    30. パスワード
    31. 不明なデバイスが次々見つかるがCD-ROMが見えないことには。 PCI SCSI Bus Controllerのところでフロッピーを入れといて、 ドライバをインストール。
    32. 再起動。これでCD-ROMが見えるはず。
    33. また化けて読めないエラー。CD-ROMも見えない。

    CD-ROMが見えないとドライバが入らないようだ。 最初に作った起動フロッピーから立ち上げなおして、CD-ROMをD:にコピーする。

    1. I-OデータのSCSIカードを入れ、フロッピーで立ち上げて、
    2. …xcopyは動かない。ディレクトリをコピーする方法を思いつかない。

    仕方がない。I-OデータのSCSIカードでC:\から再起動。

    1. まず文字化けのエラー
    2. 今度はどんどん読みこませてみよう。VGAドライバ
    3. 再起動
    4. オーディオ、PCI Communication→ドライバなし
    5. SCSI→I-Oデータのフロッピーを入れて、あり見つからない。 フロッピーの奥の方にありました。
    6. CD-ROMが見えるようになったので、
    7. コントロールパネルから他のドライバもインストール …できなかった。IBMのドライバがいるのか。
    8. とりあえず、WindowsのCD-ROMをD:にコピー。

    インストールプロセスやりなおしかなあ。

    1. I-Oデータ用起動フロッピーで立ち上げて、
    2. d:\win98\format c: きれいさっぱりしたいしね。
    3. d:\setup ハードディスクからインストールできるかな?
    4. 上のステップをもう一度…。

    今度は再起動してもエラーが出ない。よかった。

    ドライバのインストール

    細かい設定は後でやるとして、IBMのユーティリティとSCSI、LAN、モデムだけ 使えるようにしておこう。

    SCSI

    Adaptec APA-1480、カードバスを使うクセモノ。

    1. セットアップフロッピーを入れておいて、 Windows98が動いてる状態でカードを挿す。
    2. 必要なソフトウェアを勝手にインストールされる。
    3. コントロールパネルからシステム|デバイスマネージャ。 SCSIカードを選んで、プロパティ、ドライバの更新。
    4. 検索場所の指定で、A:\PCAT。
    5. 更新されたドライバは見つかりませんでしたが、ほかのドライバがあります。 ほかのドライバをインストールする、を選び次へ。
    6. E:がCD-ROMに。

    LAN

    3Com 10/100 LAN CardBus PC Card 3CCFE575BT(たぶん)

    1. セットアップフロッピーを入れておいて、 Windows98が動いてる状態でカードを挿す。
    2. フロッピーからドライバを探す。
    3. CD-ROM(D:\にコピーしたもの?)からも何かインストールする。
    4. 再起動されそうになるのを阻止。
    5. とりあえず、DHCPで設定して、カードを抜き差しする。 タスクトレイからPCカードを右クリックし、プロパティの調整からカードの停止。
    6. c:\windows\winipcfgで確認。

    ネットスケープ

    普通にインストール。まだ画面がVGAでカナシイ。

    IBMのドライバ、ユーティリティ

    IBMよりダウンロードして、 解凍、インストール。

    他に…


    作ったWindows98起動ディスクの中身

    立ちあがるのはDOSプロンプトです。日本語は入らない。 容量が小さいから。

    結局メッセージがわからないので、日本語を入れました。 上に追加した内容を書いとく。

     ドライブ A: のボリュームラベルはありません.
     ボリュームシリアル番号は 11F5-3E69
     ディレクトリは A:\
    
    COMMAND  COM       118,164  98-06-12  20:01 COMMAND.COM
    CONFIG   SYS           538  00-03-17  14:37 CONFIG.SYS
    ESSOLO   SYS        10,934  99-02-24  13:10 ESSOLO.SYS
    CARDID   SYS        54,704  97-07-18  17:50 CARDID.SYS
    ANYCOMBO CLB           233  97-07-09  15:33 ANYCOMBO.CLB
    ANYSCSI  CLB           202  97-07-09  15:33 ANYSCSI.CLB
    ATADRV   EXE        15,612  96-10-07  21:05 ATADRV.EXE
    ATAINIT  EXE        12,740  96-03-20  11:15 ATAINIT.EXE
    CARDID   INI         1,390  97-08-11  13:50 CARDID.INI
    ADAPTER  INI         7,538  99-02-12   7:23 ADAPTER.INI
    CARDINFO EXE        20,375  96-12-10  23:13 CARDINFO.EXE
    CARDXTND SYS        61,552  97-02-04  17:15 CARDXTND.SYS
    CBDAS    CLB           210  97-04-18  13:51 CBDAS.CLB
    CLALLOC  INI            62  00-03-16  19:30 CLALLOC.INI
    CONFIG   EXE       121,491  95-05-26  14:34 CONFIG.EXE
    CS       SYS       108,160  98-09-17  11:06 CS.SYS
    CS_APM   EXE         2,293  97-05-20  13:50 CS_APM.EXE
    CSALLOC  EXE        28,152  97-03-13  12:33 CSALLOC.EXE
    CSALLOC  INI           174  97-12-02  10:20 CSALLOC.INI
    DLINK    CLB           424  97-04-18  13:51 DLINK.CLB
    GENATA   CLB            72  97-04-18  13:51 GENATA.CLB
    GENETHER CLB            77  97-04-18  13:52 GENETHER.CLB
    GENMODEM CLB            71  97-04-18  13:51 GENMODEM.CLB
    GENTOKEN CLB            80  97-04-18  13:52 GENTOKEN.CLB
    IBM3270  CLB           118  97-04-18  13:52 IBM3270.CLB
    IBMDICT  CLB           127  97-04-18  13:52 IBMDICT.CLB
    IBMLAN   CLB           389  97-04-18  13:52 IBMLAN.CLB
    IBMTOK   CLB           459  97-04-23  17:40 IBMTOK.CLB
    INTELLAN CLB           325  97-04-18  13:51 INTELLAN.CLB
    LINKSYS  CLB           130  97-04-18  13:51 LINKSYS.CLB
    LINKSYS2 CLB           135  97-04-18  13:51 LINKSYS2.CLB
    MTDDRV   EXE        24,336  96-12-03  16:00 MTDDRV.EXE
    MTSRAM   EXE         5,809  95-11-16  17:51 MTSRAM.EXE
    PROXIM   CLB            94  97-04-18  13:52 PROXIM.CLB
    README               4,987  99-01-05  14:22 README
    SOCKETEA CLB           135  97-04-18  13:51 SOCKETEA.CLB
    SSCBTI   SYS        35,136  99-01-05  14:11 SSCBTI.SYS
    SUNDISK5 CLB            96  97-04-18  13:51 SUNDISK5.CLB
    TDKLAN2  CLB            96  97-04-18  13:52 TDKLAN2.CLB
    TP       INI           161  98-03-04  17:32 TP.INI
    VCB      EXE        16,743  96-01-22  16:29 VCB.EXE
    WD       CLB           758  97-04-18  13:51 WD.CLB
    XIRCOM   CLB           207  97-04-18  13:52 XIRCOM.CLB
    EMM386   EXE       136,615  98-06-12  20:01 EMM386.EXE
    SCV_SCCD SYS         9,392  97-02-14   1:01 SCV_SCCD.SYS
    SCV_ENBL SYS         4,513  96-10-12   1:01 SCV_ENBL.SYS
    SCV_ASPI SYS         5,147  97-02-13   1:03 SCV_ASPI.SYS
    HIMEM    SYS        36,647  98-06-12  20:01 HIMEM.SYS
    FDISK    EXE        79,948  98-05-15  20:01 FDISK.EXE
    AUTOEXEC BAT            28  00-03-17  14:16 AUTOEXEC.BAT
    MSCDEX   EXE        25,878  98-05-15  20:01 MSCDEX.EXE
    CONFIG~1 BAK           540  00-03-17  14:37 CONFIG.SYS.bak
            52 個            954,197 バイトのファイルがあります.
             0 筑攜      164,352 バイトの空きがあります.
    

    CONFIG.SYSの中身

    たぶん余計なものも入っていると思うが動けばいいや。

    DEVICE=A:\HIMEM.SYS
    rem DEVICE=A:\essolo.sys
    DEVICE=A:\EMM386.EXE noems X=D000-DFFF
    REM CardSoft(TM) 5.32 PCMCIA DRIVERS
    DEVICE=A:\CARDXTND.SYS
    DEVICE=A:\SSCBTI.SYS /numada:1 /ada1skts:1
    DEVICE=A:\CS.SYS
    DEVICEHIGH=A:\CSALLOC.EXE
    DEVICEHIGH=A:\ATADRV.EXE
    DEVICEHIGH=A:\MTSRAM.EXE
    DEVICEHIGH=A:\MTDDRV.EXE
    DEVICE=A:\CARDID.SYS
    INSTALL=A:\CS_APM.EXE
    
    REM FROM I-O Data Manual
    DEVICE=A:\SCV_ENBL.SYS
    DEVICE=A:\SCV_ASPI.SYS
    DEVICE=A:\SCV_SCCD.SYS /D:SCV001
    
    files=60
    buffers=20
    dos=high,umb
    stacks=9,256
    lastdrive=z
    

    AUTOEXEC.BATの中身

    これだけ。

    lh mscdex.exe /D:SCV001 /L:D
    

    Back to goma-an diary. [zunda]
    zunda <zunda at freeshell.org>