おまぬけ活動日誌

最近のツッコまれどころ

この日誌から Google してもらう


2010年03月31日(Wed) いろいろ調子が悪いみたいですが [同日]

この日誌が見えにくくなってます。時々Internal Server Error。何だろう…?

[Android] Nexus Oneポメラ化計画が進みました

BimejiHIDバージョンアップをきっかけに、 Apple Wireless Keyboardをペアできないで止まっていた、Nexus Oneポメラ化計画が一気に進みました。 BimejiHIDを入れて、Simeji経由でApple Wireless Keyboardから 日本語と英語をタイプできたよ。 ありがとう、emasuiさん! ありがとう、adamrockerさん

準備。 まずはAndroid MarketからSimejiを更新します。 BT接続できるSimejiを見ると、たぶん、Simeji3.B.2から、 たぶんIntent経由で文字入力を受け付けられるようになったんじゃないかな、と想像してます。 今日更新したところ、降りてきたのは3.F。 side2 > Bimeji Client for Arduinoに倣って、 キーボードを表示させて、「文字」を長押しして、表示された設定画面の下の歯車のマークから、「External Connection」をチェックしておきました。 次に、BimejiHIDをインストールします。 BluetoothHIDKeyboard2.apkは、 デバイスの標準ブラウザを使って、BimejiHIDバージョンアップから直接インストールすることはできませんでした。「Cannot download. The content is not supported on this phone.」と言われます。 代わりに、PCでダウンロードして、デバイスのSDカードをマウントしてコピーしたところ、 LindaManagerからタップしてインストールできました。

次にキーボードの接続。 手元にあるのは、Nexus OneとHIDのApple Wireless Keyboardです。 まずは、SettingsからWireless & network settingsに進み、 BluetoothをonにしてからBluetooth settingsに行きます。 キーボードの電源を押すと下のリストにApple Wireless Keyboardが表われるので、 長押してPair this device。 Nexus OneからPass keyを入力して、キーボードで同じものをタイプしてからEnterを押します。 リスト中のApple Wireless KeyboardがPaired but not connectedになるはずです。 そうしたらBimejiHIDを起動して、Startを押します。 なにやらいろいろExceptionが表示されますがしばらく待っていると、 「connectred: Apple Wireless Keyboard」とToastが表示されます。 やったね♪ 次からは、Bluetoothをonにして、キーボードの電源を入れ、 BimejiHIDを起動してstartを押せばつながるはず。

これでキーボードからタイプできます。 タイプしたい場所をタップしてSimejiのキーボードを表示させて、 おもむろにタイプ♪Shift+Spaceを押せばローマ字入力に。 あとはかなり直感的に入力できました。すごい!

2番目以降の変換候補から漢字を選ぶのに画面をタップしなくちゃいけないとか、 文字が確定したあとにDeleteキーで削除できないのがちょっと残念ではありますが、 もう十分実用になります。 なにしろソースコードを公開していただいてるわけだし、 自分でいじってみたくなるよねー。時間がねぇ。 開発者のお二方に感謝!


作り手とその取り巻きだけが楽しんでる間は本物じゃない。その中身が理解できない人々の生活を変えてこそ本物だ


zunda <zunda at freeshell.org>